読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「安室奈美恵:Uncontrolled もっともっと高く!」

※今回は東方神起以外のアーティストの感想です。

安室奈美恵ニューアルバムUncontrolledが発売された。正確には明日6/27発売。
フラゲしたのでいち早く聴きながらさらりとブログにしたためてみる。

実は安室奈美恵が好きだと言っているわりにはそこまで深く追ったりはしていない。
今はファンクラブにも入っていないし、コンサートに毎年行っているわけでもない。

けれど音楽は聴き続けPVに注目し続けている、アルバムは1stからずーっと買い続けている。
一時期は小室曲から離脱してそのスタイルを模索する中、世間から低迷と囁かれた時期もあった。
僕がコンサートに足を運んでいたのはこの所謂低迷時期が一番多かったかもしれない。

決して大きくはないホールでライヴを行った時は間近で彼女のパフォーマンスを見れて嬉しかった反面、
安室奈美恵の素晴らしさはもっと多くの人に伝わって欲しいと自分勝手に憤った。

まだ安室奈美恵とか好きなんだ?、安室奈美恵好きとか今時めずらしいよね?、安室奈美恵って今何してるの?
…そんな風に言われたこともあった数年前、
彼女がどんどんと昔のひと扱いされていくのが正直淋しいと思った時期もあった。

けれどそんな風評を鼻で笑うように安室奈美恵いつでも歌い続け踊り続けていた。
確実に自分だけのスタイルを少しずつ少しずつ根を下ろすように確立していた。

そして別にどこからの追い風でも何かの流行でもなく彼女は今の安室奈美恵になった。
オリジナルアルバムの売上が上がりはじめ、ベストアルバムが大ヒットした時なんかは、
そら見た事か!と誰に言うでもなく何だか胸がスッとしたことを憶えている。

…と、前置きがかなり長くなってしまったがとにかく安室奈美恵はいつでも安室奈美恵だった。

そして今回のアルバムUncontrolledもタイトルどおり果てしなく安室奈美恵です。

デビュー20周年記念の一環ということもあるかもしれないが、ライト層にも当たりがよいとても聴き易いアルバムとなっている。
内容的にはベストアルバムに近い内容となっていて、全13曲中、既存曲が9曲、新曲が4曲。
ベストアルバムと謳ってボーナストラック4曲と言ってしまっても良いかも知れない仕様。

シングルを買い続けているコアなファンからするとニューアルバムと言うには多少の物足りなさも否めない。
しかし、安室奈美恵のアルバムらしく捨て曲は1曲もなくどの曲もツボを心得ている楽曲が揃っている。
既存曲も新しくアレンジされたもの、歌詞を英詞にしたものと姿を変え、アルバムの流れを抜群に良くしている。
特に新曲4曲はどの曲もシングルカットしてもおかしくないハイクオリティなキラーチューンとなっている。

東京をダンスフロアにとのコンセプトのエレクトロハウスチューンのIn The Spotlight (TOKYO)
新しいコーセーのCM曲にも決まっていてCMビジュアルも期待のタフでセクシーなHot Girls
現代J-POPの王道風であり外さないなという印象のキャッチーなLet's Go
最近彼女が新しく身につけた魅力とも言える包容力と開放感を感じさせるポップチューンのONLY YOU

とにかくまずは聴いてみて下さい!と言いたくなるほど気分の良い1枚となっている。

ただ不満もいくつかある。ガッツりダンスするPVがもう少し欲しかったところ、
それと既存シングル曲Sit! Stay! Wait! Down!のPVも作って欲しかった。
日本随一の魅せるダンスを踊れる女性アーティスト安室奈美恵、出し惜しみは良くありません!
いやでも全11曲のPVは見応え充分ですが、素晴らしいからこそ欲が出てしまう。

さて、全英語詞の曲が増えた今回のアルバム、少し海外へ視野を向けてきたかなと言う印象がある。
これも進化し続け攻め続ける彼女の姿勢が垣間見えてニヤリとさせられる。
台湾や香港、シンガポール等へプロモーション訪問も行うとのこと。グローバルな活動には大賛成。

アジアの音楽市場を見た時にK-POPに押されている印象が拭えないJ-POP。
日本のアーティストである安室奈美恵という底力を見せて欲しい。

変な言い方かもしれないが、失敗してもいいからもっと彼女には海外で勝負して欲しい。
特にアジア圏での地盤をもっともっと固めて欲しいしアジアツアーも行って欲しい…そしてワールドツアーも!
アイドルやビジュアル系、アニメ等サブカルチャー的な意味ではなく、
ジャパンポップアイコンとして真っ向勝負できるのは今の日本では彼女しかいないと思う。

東方神起を好きになり彼らがK−POPアイコンとして世界各国で活躍し、支持される姿を見る度に、
どうしても安室奈美恵にも同じ姿を重ね、思いを馳せてしまう。

20周年を迎え、それでも落ち着く事なく衰える事なく変化し進化し続ける安室奈美恵
今回のアルバムUncontrolledを剣にして日本を飛び越え更なる飛躍を期待する。

いやいやもともとアジアでも高い人気があるけど安室奈美恵はまだまだもっともっと高くです!

    • >