読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「おわりとはじまりとはじまり」

ひとまず東方神起の日本での活動がa-nation2012をもって終了。

SMTやエイネーションなどのフェスは単独コンサートほど興味がなかったのだけど、
あれこれと話を聞いてるうちにほんの少しだけ行けば良かったかなと後悔が残った。
けれど密かにいつもひとり参戦というネックがつきまとって、まぁーいいかと胸に仕舞う事が常だった。

そして今回のエイネーション、どうやら前年よりも曲数がかなり多く、しかもトロッコ登場、
衣装チェンジまであって東方神起の大トリはかなりの豪華仕様だったようで…
ユノも超絶カッコ良かったようで…胸がキリリと痛んだ。

やはり行きたかったなと後悔が残った。

一度チケットを手に入れるチェンスが巡ってきたが自分のモタモタした対応で取り逃してしまった。
そのあとに何度かチャレンジしてみたけど結局手に入れる事が出来なかった。

けれど…

「来年は一緒に行こうね!」そう言ってくれるリアルでのビギ友達が出来た!

前回記事にした友達から先日「ビギストになりました!」と連絡が来た。
もちろんこのタイミングなのでコンサートにもフェスにも行けないわけで、
日本での活動自体がおそらく年末までないと思われ…
何故このタイミングで彼女がビギストになったのかは少々謎だけど「思わず不安になって」との返答。

それ以上は何も聞かなかったけど、彼女なりに色々と見て調べて考えた答えがビギストだったようだ。
僕が友達をビギストにしてしまったのかもしれないという罪悪感というか責任感というかなんというか、
そういう取り越し苦労みたいなものをしてしまったけどやっぱりリアルビギ友は嬉しい。

僕もフェスやイベントなどどうしようかとウジウジ悩まずにこれからはどーする?と相談する相手がいる。
何だか女々しいように思われるかもしれないけどやっぱりスゴく嬉しい。

どーせひとりで行くしな…と諦めなくて済む。それは僕にとってとても大きい事だ。

さて、東方神起、というかユノ!

とにかくここ最近のユノが恐ろしい程カッコいい。ダンスはもちろんの事、単純に見た目がカッコいい。
6集への準備のためなのは明らかだけど瞬く度に精悍にシャープになってゆく。
SMT東京→サイン会→SMTソウル→そしてエイネーション、一分一秒ずつカッコ良さが進化している。
この短期間で何をどうしているのか心配になる程にみるみるカッコいい。
ぽわぽわで多少まわりに不安を抱かせていたビギイベでの印象はもう遠い昔のようだ。
現在の男らしく力強い方向性は母国仕様へのシフトチェンジなのかもしれない。

髪を伸ばし続け長髪になるのかと根強い長髪ユノファンの期待を裏切り髪を切ってしまったようだけど、
襟足を切ってツーブロック気味のユノもクソかっこいい、ユノのカッコよさに果てはない!

そして、チャンミン

チャンミンの方が髪型をコロコロと変える印象があったのだけど、最近は逆のようで、
チャンミンは何故かここ最近頑固一徹のようにあの若干へルメッティなスタイルを崩さない。
いったい何から頭を守っているのかと疑問に思ってしまう程にへルメッティなわけで、
個人的にはもっとチャンミンをカッコ良く、または美しくみせる髪型があるような気がするのだけど、
何かこだわりを感じるのでとりあえず6集での変化を期待しつつ見守る方向で…。

あっでもまたチャンミン刈り上げたね。ユノも刈り上げだから刈り上げ神起!

ということで東方神起6集が見えてきた。

TONEツアーに始まりSTILLをリリースして、映画があって、イベントがあって、会報がきて、アンドロイドをリリースして、DVD&ブルーレイリリースがあって、SMTがあって、エイネーションがあって、テレビにも沢山出て、恐ろしい程盛り沢山だった日本での活動。

それら全てが彼らを大きくして更なる高みを目指すためにこれから母国での活動が再開する。
僕は韓国に行ってまで応援をしたいと思うファンではない、日本から心を込めて応援し見守りたいと思う。

あり得ないほどのハードスケジュールを駆け抜けた夏の東方神起。事故もなく無事終えられた事、本当によかった。
ユノ、チャンミン、日本での活動おつかれさまでした。

ほんの少しだけさみしさを抱きつつ、これから母国で高く飛躍するであろう6集に心より期待しつつ。

そして、また僕は東方神起に心を奪われる。

    • >