読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「願い事:だってユノペンですから。」

超個人的意見です。さらりさらりと流して下さい。

先週ついにCatch Meが発売されたわけですが、日本のファンにも続々とCDが届きはじめているわけですが…僕はというと直前にキャンセルして色指定を変更し直したのでまだまだ届いていないわけです 泣

だってユノペンだから赤が欲しいじゃないか!でも個人的には黒が好きな色だったからぁあああ!!

なに色指定してんだよ!二色買えよ!という声が聞えてきそうな気もするけど、とりあえず僕は1枚です。おそらくリパケも出るし、日本ライセンス盤も出るだろうし。個人的にはそんなに似たり寄ったりのCD何枚も買ってどーするんだよ?と思ってしまう派なので…でもそれよりも愛が勝ってしまえば買ってしまうシステムだって充分理解しているので否定はしません。素晴らしい愛だと思います。

僕自身も色々否定しながらも、リパケだって新曲が追加されるから聴きたいし、ライセンス盤だってDVDが付くだろうから見たいし、だったら買うしかないじゃないかと…えぇだからきっと買いますとも!

さて、何が言いたいのかわけがわからなくなってしまった前書きは置いといて。

Catch Meです。
先日のPV公開に続きダンスバージョンというか通し稽古というか、青空教室での通しパフォーマンスが公開された。個人的にはPVよりも相当見応えがあり、何度も何度も見ているうちに仕舞いには「バカじゃねーの!」という最大級の褒め言葉が自然と口をついた次第。前回記事でも書いた通り、もやはダンスではなくシルク・ドゥ・ソレイユなCatch Meパフォ。余計なデフォルトをせずに何もない部屋でただパフォーマンスをするだけで、モノ凄い作品としての個性をバキバキ見せつけられてしまうわけで、寸分目を反らす事だって許されない迫力にただただ心を奪われるばかり。

しかし見れば見る程一抹の不安がやはり過ってしまうネガティブマシーンな僕なので、こんなにモノ凄い動きを沢山取り入れて毎回ただで済むとは思えない。パフォ前の準備を怠る人達ではない事はわかっているけど今回は自分だけの加減じゃない動きが沢山入リ過ぎている。起こされたり倒されたり持ち上げられたり、毎回毎回完璧な阿吽の呼吸と言う事にはいかないだろう…。これから怒濤のテレビ出演ラッシュにイベントにライブにとにかく何もかもが怒濤&怒濤。体調が万全な時の方が少なくなる中で、このバカ正直な程の全開パフォーマンスをするつもりなのか…いやもちろんやっちゃうよね。

散々とわめき散らしていた口パクかもと言うリップシンク問題の危惧さえ今回ばかりは少し置いといて、とにかく怪我がないように、とにかく怪我がないように、とにかく怪我がないように…そればかりを祈ってしまいそうな個人的Catch Me無事故キャンペーン。

いやいやまだテレビサイズパフォーマンスを見ていないのでパフォーマンス自体がどう変更してくるかわからないけど、アレもコレもとするならば、おそらく毎回ハラハラドキドキのアトラクションなわけで、そんなこんなのアメージングワンダーランド神起の旅公演はこれから始まるわけで、だから要するに、とにかく怪我がないように、とにかく怪我がないように、とにかく怪我がないように…。

何が言いたいのかと言うと、これから神社での願い事がひとつ増えました。

最後に1つ、ちょっと小耳に挟んだ事で個人的に思ったことを…ここからは超個人的意見です!
ユノのミュージカル出演が決まったそうで、僕個人的な意見としては何で今のこのタイミングでミュージカルなのか意味がわからない。しかもたったの4回だけの出演。正直そんな回数ならやらなくてもいいんじゃないかと思う。客寄せパンダや作品に箔をつけるためならば本当に必要がない。それから愛だの恋だのと決まりきったストーリーをもしもやるならば愚の骨頂。どうせミュージカルをするのならもっとユノにあった作品をチョイスして欲しいしもっと腰を据えて取りかかれるタイミングで行って欲しい。余談になるけど以前行った「宮」もユノの本質的な部分では合っていない作品だと思う。ってゆーか、そんなミュージカルやるよりもその日数をワールドツアー日本公演にあててくれよってね…。

その昔「ウィズ」というオズの魔法使いをベースにしたミュージカル映画あり、マイケルジャクソンが主演ではなくカカシ役で出演していたが、マイケルにしか出来ない独特なカカシの動きは天才的で実に役にハマっていた。またダンサー・イン・ザ・ダークというビョークが主演した悲劇のミュージカル映画もしかり、ビョークにしかできない世界観を繰り広げて唯一無二の作品となった。僕はユノにはそういうユノにしかできない歌とダンスを堪能できるユノだけの役をやって欲しい。取って付けた様な配役の数日だけの公演のミュージカルなんて必要ない。舞台での経験が必要だと事務所やユノが思うのならばそれはこのタイミングのこの4回公演の作品ではない。

演技が見たいという人もいるかもしれないけれど…

ぶっちゃけ、ユノは歌って踊ってなんぼだと思うんです!
ストイックにバカ一直線に歌とダンスで突き進んで欲しいんです!

…と、超個人的ワガママ意見を吐いてしまったものの、ユノは今回のミュージカルのために超過密スケジュールをぬって全身全霊をかけて全開で頑張るわけで、そんなの応援するしか他なくて、だから決まったからには応援しますよ!そして心から祈りますよ!とにかく怪我がないように、とにかく怪我がないように、とにかく怪我がないように…。

何が言いたいのかと言うと、これから神社での願い事がまたひとつ増えました。

だってユノペンですから僕。

    • >