読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「変わりゆくものと変わりはてるもの;音楽番組問題」

超個人的意見です。さらりと流して下さい。今回文章がさらにバカっぽいです。

カムバック真っ最中の東方神起なのです。

毎日毎日大忙しですアレに出てコレにも出てソコでライブを行ってココでサイン会をしてイベントにも参加して…てゆーかサイン会羨ましいサイン会羨ましさサイン会羨ましい。
まきおーこーせーあーらしーあーらしー♪的に超級テンペストな活動を続けるテンペスト神起です。ファンもお大忙しです。僕もユーストだのファンカムだのをチェックチェックチェックなのです。
そのせいなのか何なのか数日前にものもらいになり、ものもらいが治ったと思ったら、今度は目の血管が切れて大充血を起こし、只今左目が大変な事になっています 泣

なので、間髪入れずにブログを綴ってる場合じゃないし、PCに向かってる場合ではないし、スマホツイッターを見てる場合でもないんです!大人なんだからもっと大人らしい行動をとりなさいオレ!…でも見てしまう…だって見てしまう…どーしても見てしまう…そしてこうしてブログを綴ってしまう…誰か…おさじを…てゆーかサイン会羨ましいサイン会羨ましさサイン会羨ましい…。

と、いうことで東方神起のカムバックによってここ数日韓国の音楽番組を目にする事が増えました。そこで少々思った事があるわけです。
この意見はあくまでも東方神起のテレビでのカムバックステージを見て思ったことなので、ぶっちゃけ他のアーティストはよくわかりません。
とにかく韓国の音楽番組がとても良質だと言う事に驚愕した。演出、衣装、そして何よりもフルパフォーマンスを放送する事。どれをとっても音楽を愛する人間が心から求めている音楽番組の姿がそこにあった。
昨今、日本の音楽番組は無駄なバラエティ色を強め、音楽とはかけ離れたどうでもいいゲストやどうでもいいコーナー、音楽とは全く関係のない無駄話。そしてそんな事に無駄に時間を使い放送される一番大事なアーティストのパフォーマンスはテレビサイズだとかなんだとか御託をぬかしたショートでチープな瞬き3回程度の短いパフォーマンス。

これでは本末転倒なわけですよ!

もちろんファンはアーティストの音楽以外の部分だって知りたいと思うのは当然、けれどそれは音楽が土台にあってこそ。そこばかりをフィーチャーしたって何の意味もない。

ファンは何よりもフルコーラスのパフォーマンスを求めているわけですよ!

そこで韓国の音楽番組です。韓国の音楽番組ではフルコーラスのパフォーマンスを当然のように行い、衣装も出演番組毎に変えて実に凝っている、大切なカムバックステージの場合は生放送であっても事前収録で何度もパフォーマスを行い、完璧な姿のステージを放送する。音楽に対して、何よりも求めるファンに対してとても真摯で素晴らしい姿勢だと思う。

番組数も豊富でそれぞれのカラーをだし、CGを使った派手な演出や凝ったセット、シンプルなセットと様々、そして事前に撮ったパフォーマンスを組み合わせてまるでPVのような高い完成度のパフォーマンス映像を放送したりと、目を見張る程に良質な音楽番組の数々。

僕はあの国をこころよく思っていない部分が多かれ少なかれある。けれど音楽番組に関しては見習うべき点があると思ったし、羨ましいと思った。あんな良質な音楽番組が毎週見られるなんて本当に羨ましいと…。所謂K-POPと言われる韓国の音楽事情が盛んな理由が少しわかった気がした。

昔は日本にも夜のヒットスタジオなど衣装も凝ってフルコーラスを放送してくれる良質な音楽番組があった。トップテンやベストテンなど音楽の旬の流れを感じて知る事が出来るワクワクするような音楽番組があった。けれど情報が溢れてしまい多様化して成熟し過ぎて衰退してしまった昨今の日本の音楽番組事情。そして何より大衆性と情景を失ってしまった日本の音楽。おそらくあの華やかで身近に誰もが触れていたJ-POP最盛時代にはもう戻れないのだろうと僕は思っている。

それでも日本の音楽番組制作者たちは韓国の音楽番組を見習ってほしいと思う。ファンである視聴者は何を一番求めているかを今一度見つめ直して欲しいと思う。

音楽番組にはトークバラエティではなく音楽を求めているわけですよ!

まぁー大人の事情諸々あるのかもしれないけど…やっぱりフルパフォーマンスとか見たいじゃん、良質のバックバンド演奏とかで聴きたいじゃん…

とりあえずMステはあの昔の曲を垂れ流すどうでもいいコーナーをやめて、出演アーティストのフルコーラス、フルパフォーマンスに時間を使うべき。
無理だとわかっていても望まずにはいられない、良質な音楽番組が溢れていた日本よカムバック!

※今日のTBSで放送していた日本の名曲コレクションはアリ。

    • >