読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「SMTの謎の倍率ファイナルアンサー?」

超個人的意見です。さらりと流して下さい。

ホラもう8月。

ついこの間うっかり7月だと思ってたのにもう8月。記録的猛暑と頻繁に起こるゲリラ豪雨が懸念される8月の天気予報。もやはゲリラ豪雨ではなくそれってスコールですよね?と聞き返したいレベル、日本は熱帯雨林方向へ迷いなく進んでいる事実が本気で怖い。

何よりも日産スタジアムでの天候が本気で怖い。

そんなこんなで日産スタジアム公演までうっかり二週間。チケットも届きはじめているとかいないとか、まだまだ先だと思っていた日産がもう目の前。あの曲追加するかなとか新曲やるかなとかどんな演出やステージングを見せてくれるかなとかユノ痩せたかなとかチャンミン溶けないかなとか期待と想像とほんの少しの不安とで遠足前夜気分なわけだけど、結局チケットは17日分しか確保できなかった。

まぁーそれはそれでいいかなと思いはじめている。

その分どうか神席チケットを僕に…握手は出来なくても(当り前)少なからず何かしらのファンサだの肉眼パフォーマンスだののミラクルを…などと1日集中神席祈願を行いつつ、正直大きい箱はもうお腹いっぱいと思っている自分がいる事を否定できない。

そんな中、やってきたSM TOWN TOKYO開催のお知らせ。今年もやるのですね、しかも相変わらずチケットが高いのですね、しかもしかも地味に値段がまた上がっているのですね、そしてチケボなのですね、そしてそして広い箱なのですね…恐縮ですがエントリー回避させていただきます。

SMファミリー大好きな方々にはたまらないSM TOWN。チケット倍率は何十倍とも百何十倍とも噂され今年も大激戦が予想されるらしい。しかしこのSM TOWN、SMフィルターを外してほんの少しだけ斜めから見てみると何気に思う事があったりなかったり。

※ここからは更に超個人的意見です。読まないという選択がある事をお伝え致します。

そもそもいつも話題に出るハンパなく高いチケット倍率は本当なのだろうか?確かに落選者続出と言うのは事実だろうけれど、曖昧過ぎる何十倍〜百何十倍というわけのわからないアバウトさは何処からかの身内拡散宣伝効果的な煽りを感じなくもないし、とにかくエントリーしなきゃ!と言うある種の集団ヒステリー的風評被害臭まで匂わせる。
噂される倍率はたとえばファンの“そうであって欲しい”願望だったり、仮想国家大統領だのイメージ戦略だのの見栄がねじ込まれているということはないのだろうか?←超個人的憶測

最近のSME、少しばかり勢いを失いかけているようにも見える。日本での人気に関して新たにファンを増やして勢いを感じるのは末っ子のEXOだけ、狼曲も後続曲も自在なカラーを打ち出して事務所的にも力の入れようを感じる。他グループに関しては曲がパッとしなかったりケガでメンバーが不在になったり何となく既視感を漂わせたりで停滞&縮小気味。あとSMはMVで同じセットを使い回し過ぎる、新曲なのにどこか見た事のあるセットのせいで新鮮味を欠かしている。そして東方神起ファンに関してはSMカケモ離れが少々出てきているのが見て取れる。

カケモ離れそうな所を繋ぎ止める新たな要素がEXOなのかもしれない。

カケモ離れはファンをがっかりさせる発言だったり行動だったりと理由は様々だけれど文化や意識の違いから来ているかなり根深いものを感じるので、SMPの正統な継承者としてこれから日本でもさらに人気を獲得しそうなEXOにはほんの少しの命取りなミスをせず出来れば日本の文化や“やり方”を知って欲しいと思う。日本で85万人という桁外れのツアーを行える東方神起ファンに東方神起以外に興味ない』と思わせる事はSMにとってもよろしくない方向だと思うので、この辺はしっかり管理すればいいのにと思わずにはいられない。

それとSM TOWN自体への不信感。チケボによる譲渡問題(基本的に譲渡禁止だけど…)や他国とは違い過ぎるグッズの価格設定(去年はトレカ1枚300円?)、統制し切れず曖昧な指示によるグループカラー抗争、そして何より高い金額の割にお粗末な演出やステージング。各アーティストが次から次へとパフォーマンスを淡々と行う流れは進行もなにもあったものじゃく回転寿司や流しそうめんでも見ているようだという意見を目にした時には妙に納得してしまった。東方神起をはじめ少女時代もシャイニーも日本で大きなツアーを行っている。それなりのクオリティで目の肥えているユーザーは学芸会やクラス発表会のような内容に本当に納得しているのだろうか?まるで優秀なアスリートを学校の校庭で運動会させているようなもの?一流選手を集めた草野球???

アジアを席巻し牽引して行きたいと豪語しているSMEとしてあのステージングは恥ずかしくないのだろうか?

ステージング問題に関しては前回記事でも上げたように発展段階なのだろうし、好きなアーティストが沢山見られるのでそれだけで満足だったり差し込まれるコラボやファミリーの仲良し感を見られるのでSMファミリーファンにはそれ以上のものはないのかもしれない、けれど出来るものならば発展途上なりにSM TOWNも回を重ねる毎に少しずつで良いので進化して欲しい。毎回毎回つぎはぎの発表会ではなく東京ドームという大きな箱を意識したどんな席の人も楽しめる“SM TOWN”というSHOWを見せて欲しい。←まぁーSM TOWNはショーというよりはショーケースだし固定客掴んでるから発展しなくてもいいのかもしれないけれど…

…と、そんな風に思っている単独ファンも少なくないと思われ、僕のように思っている人よりも本当にSMTに行きたいと願っている人が行った方が良いだろう等々の思惑から回避する人もいるだろうと思うので、いくらなんでもチケット倍率150予測は言い過ぎかなと…ね?

さて僕のもとにもそろそろ赤い封筒がやって来る。僕にとっては今年最後になるかもしれない東方神起

夏の神様、奇跡を下さい。

    • >