読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「噛み合わない歯車」

東方神起

超個人的意見です。さらりと流して下さい。今回無駄にながーいです。

桜がちらほら咲き始めてそろそろ春。僕の待つ春はまだ少しぼやけている、そして相変わらず色々とあり過ぎる東方神起界隈、あれこれ拾い切れないのでスルー&スルー。それでもあれこれ思ってしまうのでかいつまんで浚ってみる…と言う事で久しぶりに超個人的に気になった問題をつらつらと…

スリスリ活動問題

終わりましたね…スリスリ活動…ってゆーか終わってましたねスリスリ活動。個人的には2人のシンプルなスリスリパフォーマンスが見てみたいと以前書いたけれどその後どんどんとダンサーが増えて画面が更にうるさくなって何だこれ?と胸焼け状態、突き刺さるダンサーのカメラ目線も度を超えて嫌悪の極み。そして何よりも初回披露以降リップシンクのオンパレード、本当に何だこれ?カッコいい曲なのに勿体無い。新しい姿だろうがセクシーだろうが何だろうが口パクでキメ顔されても何一つカッコよくない、はっきり言ってダサい、歌ってダンスをしなければ僕にとっては意味がない、いつしか放送毎にチェックもしなくなった、そしてユノが怪我をしていた…本当にスリスリ活動って何だったのだろう…。

韓国活動問題

やる事なす事必死過ぎてオワコン臭を漂わせていた今回の韓国活動でのあれこれ、国民性の違いや文化の違いと距離を置き自分を納得させて飲み込んで受け止めてみても、分け隔てのあるものが大嫌いなので少しずつ少しずつ飲み込み切れない澱は溜まって行き、下降線の角度は上がるばかりだった。

高額客寄せパンダとして媚び諂う姿、ひと昔前のアイドルのような安い営業、ちんちん電車の車掌さん、片方の心を潰しながら片方の心に優越を与えた過剰サービス、繋ぎ止めなければいけないもの、守らなければいけないものは本当にそれが正解だったのか?答えは時間が教えてくれるだろうか?

過剰に加速して消費されていくだけの虚しい存在に憂いながら俯いた。欲目で削りながら分け隔てのあるものにどんな言葉も響かない。好きだけれどそんな姿は見たくない…でも横目でちらりと見てしまう…気になってしまう…僕的ファン心理はこじれるばかりだった。

文化が洗練される事が何よりも打開策なのかもしれない、良い音楽が発信できているのに安い活動で相殺されているイメージ。過剰に頼り合っているファンダムと事務所の馴れ合い工作、広がらないコンサート文化、エンターテインメントの土壌のユルさと不安定さ、今すぐにはどうにもならない流れとシステム、やはりもっともっと長い時間が必要、長い長い時が経ちシステムが洗練されたとして果たしてTVXQはそこにいるのだろうか?TVXQは間に合うのだろうか?長い長い時が経って振り返った時に果たして10周年は何色の歴史に刻まれるのだろうか?…ちんちん電車の記念撮影、集合写真でTを作る2人の笑顔を見てふとそんな事を考えていた。

チケット争奪戦問題

韓国と日本での東方神起(TVXQ)の温度差には雲泥の差があることをひしひしと感じる今日この頃、なんだかんだと言いながら日本では多くの熱の高いファンに支持されている東方神起いちいち持ち上げて媚びなくても待ち続けるファン、我ながらその意地らしさに悲しくも愛しくなるし、自分自身アホだなと思いつつ、切れるものなら切りたいけれどやはり切れずにコンサートエントリーを続けて落選し続けたチケット争奪戦の日々。

結局チケットが取れたのはビギスト枠の横浜アリーナの一枚だけだった。

前回のドーム公演よりも近くでファンに触れ合えるようにと謳ったツアーだけれど、他外国公演の規模から比べたらちっとも近くないし特別でもない、平日詰め込みまくりなスケジュールもかなり厳しい、それでも日本では特別、日本では手に入らないチケット、日本では大人気の東方神起のコンサート、そして日本だからこそできるコンサートステージ、待ち続けたファンが1人1公演は望んだ場所で参加できるようにと願わずにはいられない…2人が思う以上にファンは待ったと思うから。

続・こじらせの果てに(リリイベ編)

日本のターン、東方神起のターン、結局リリースイベントまで東方神起が日本のファンへ姿を見せる事も言葉を送る事もなかった。ユノに関しては不運にも決して軽いとは言えない怪我に見舞われてしまった。絶望の上にさらに絶望をぬり重ねている東方神起という活動、何もかも歯車が噛み合ないままに時計の針が進んで行く、東方神起とビギストという針が重なり合う事はなくただただ時が進んで行く…そして向かえたリリースイベント。

すみません!リリイベ当選してしまいました!!
東京・夜の部・国際フォーラム!!

散々あれこれ言った果てに、散々とこじらせてしまった果てにリリイベ当選、申し訳ない気持ちになった。様々な思いを払拭できないままにそれでもやはり嬉しかった。生神起を見られる事はやはり嬉しかった。ビギイベが神席だったので何も期待せず少しふわふわとした思いで国際フォーラムに向かった。

会場に着くと当然ながら女性ファンの渦にのけ反り…目に入る男性ファンなど1〜2人、本当に少なかった。TVプロモなしが地味に影響しているような気もした。

そして座席発券…1階席の5列目◯◯番…1階席か…まぁまぁかなと胸に納めた。実はドーム公演に慣れ過ぎてしまいドーム脳になってしまっていた僕は1階席と聞いてスタンド1階席的にアリーナの後ろの階層をイメージしていたわけで…R2扉をくぐってその座席に向かいながら実はビギイベにも負けず劣らずのとんでもない神ターンが再び来ていた事を知り驚愕した。

まっ…前から5列目!遮るものも柵も何もない!!ちっ…近いっすよぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!

ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…と誰に謝っているのかわからず謝り続け席に着き、呼吸を忘れていた事に気付いてあわてて深呼吸…本当にこの席で合っているのか思わず隣の方に聞いてしまった。神様はそんな風に悪戯に微笑むものなのかもしれない。

定刻となり開演、ステージの奥から東方神起が現れた…本物だ…ユノだ…チャンミンだ…ユノだ…チャンミンだ…ユノだ…チャンミンだ…いやもうすぐそこに超絶本物生神起、お元気でしたか?拝啓東方神起様、お噂は予々…僕は色々とこじらせておりました(落涙)

いやここまで綴っててなげーなって思いつつ、さらにあれこれ綴ると余計長くなるので割愛しつつ(←できてない)。リリイベ内容に関しては様々な方がレポを上げているので神席でありながらもやはりちょっと僕的に気になった事で数点…←だから長いって

(1)選曲問題
なぜTREEイベントでありながらIn Our Timeを歌ったのか?怪我のため中止になったsomethingのかわりに選曲されたこの曲、みんなで歌いたかったとか何だとかと言っていたけれど、いやいやこれってファンイベントではなくてTREEのリリースイベントですよね?って、TIME知らない人だっているかもしれないのに(まともにプロモしてないからファンしかいないと思うけど)そこでTIMEの曲をねじ込む横暴さ、ぶっちゃけTREEの曲おぼえてねーだけだろ?って、たった数回の限られたプロモさえそんなかよって、日本のファンなめんなよって、怪我して歌おぼえられないとかないですよね?って、しかも出だしで音外してるし…近いから色々気付いてすみません!でも生歌神起はよかったよー!←壮絶なるこじらせ

(2)コメント問題
トークコーナーでのコメントに関してはあれこれ突っ込みどころはあるので揚げ足とりまくる気はないけれどひとつだけ!これひとつだけ!!

オリコン1位になった話しろこのヤロー!!アルバム買ったファンに何か言えこのヤロー!!←壮絶なるこじらせ

ひとつも成長してない木を妄信的な愛でオリコン1位に押し上げたファンに何かしら言っても良かったんじゃないかって、だって1位ですよ?あの内容で1位ですよ?あの活動で1位ですよ?育てたい物語なんてないんじゃないかって、もぎ取りまくって収穫しまくってやせ細ったらポイなんじゃないかって、そんな不安を胸に秘めつつそれでも1位ですよ???ユノがCheeringをお気に入り曲に上げた後に“Cheering好きなひとー?”って会場に聞いた時のまばら過ぎる挙手と微妙な反応ですよ?気に入ってねーじゃんて若干僕も引きましたよ?がんばってーーーーーーーいよーーーーで1位ですよ?←だまれ

けれどコメントに対するファンのレスポンスの悪さ、実は少し気になった。2人も肌で感じたかもしれない。

(3)ユノポニョ問題と怪我問題
せんせー!これ今回の一番の僕的超問題!ユノが太り過ぎてました!、いやデブとまでは言わない、もちろんカッコいい、けれどシュっとしているとは言い難い、中年体型のソレに近いものがあった事も否めない。もちろん怪我をした事が一番の理由でありそれに伴い運動不足もあるだろうし、栄養をつけるためや他に何か理由があるのかもしれない…が、あえて…ちょっと笑えないレベル。前にも後ろにも大きく段の波があり、噂の生々しいダンスを超絶目の前で見たけれど生々しいというよりは肉々しい、特売日かって、波打つ体がどこのウォーターベットかって…。重量感が増し引きずり歩くその背中を見つめながら、本当にあと一ヶ月で体重を戻し怪我を治す事はできるのか?完璧なステージを作り上げられるのか?まさか蓋を開けてみたら生ヌルいダンスと直立不動祭りなんじゃないかって…けれど無理をすればこの先の活動にも影響して行くだろう…。

何もかもが噛み合ない、不安しかない、期待してて下さいなんて言葉は素直に頷けなかった。神席なのにこんなレポですみません…でも久しぶりの生神起を近くで見られて本当に本当に嬉しかった。←壮絶なるこじらせ

ユノの怪我が一日もやはく回復しますように!

神様は再び笑むのか、それとも罪と罰を背負うのか、その答えまであとひと月を切った、とにかくユノの回復を願うことしか出来ない、噛み合ない歯車に歯がゆさをおぼえながら、少しずつ呼吸を合わせて歯車が噛み合いますようにと祈りながら…。

    • >