読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「シンプルなロンド」

超個人的意見です。さらりと流して下さい。

桜も葉桜に模様を変えて春は来たけれど、寒かったりヌルかったり暑かったりで何だかよくわからない、そんな日本に滞在中の東方神起

リリースイベントの後からは未確認、本当に日本にいるのかさえも疑うレベル、そのシークレットぶりはさすがJクオリティとしか言いようがない。少々モラルの欠けたSNS漏れはあったものの毎日が流出祭りなKクオリティから比べれば個人的には片目を瞑れば見なかった事に処理出来るさざ波レベル、実に穏やか、穏やか過ぎてうっかり前回ブログ更新から結構な時が経ってしまったわけで…。自家発電が得意ではないので何もなければ何もせずに見守るタイプが如実に現れております(汗)

そしてうっかりツアーがもう目の前。

ユノの足の具合は?ポニョは?チャンミンの髪型は?等と過る小さな不安を片隅に隠しながらもうすぐツアーがはじまる。蓋を開けてみるまで本当に何もわからない。けれど楽しみで仕方ない。

たまに見かけるのはツアーダンサーやバンドメンバーのささやかなで小さなつぶやき、ツアー準備が順調かどうかすら計り知れないけれど、小さなつぶやきはそこはかとなく充実感を匂わせて“前に進んでいる”と言う事を察する事ができる。

そのぐらいが丁度良いのかもしれない…過剰に見え過ぎてしまうからアーティストもファンもすり減るし無駄に消費する。

アーティストとファンである前に人としての範囲が守られている距離感、空気の読める距離感、察する事ができる距離感、近過ぎると感覚が麻痺してしまう、察する事が出来なくなってしまう、必要のない優越、間違った思いが生まれる恐れすらある。

そんな風に考えてしまうのは僕が日本人だからなのか。それぞれの国の文化の正解があるのでどちらが正義というわけではないけれど、超個人的に今の雰囲気が東方神起のファンとして心地いい。いや僕がもっと器のデカイ人間になれって話かもしれないけれど…。

これだけの期間日本にいるのだから何かしらのコメントや音楽番組のひとつぐらい出てくれればというファン心理がないと言えば嘘になる、けれどまたそこを考えるとカオス方面まっしぐらになってしまうので、今はとりあえず余計な事をせずに2人が“東方神起”を全身に受け、ツアーに向けて進んでいれば最善と思いたい。

ファンもシンプルにツアーに期待出来るし楽しみにできる。

これは以前も書いた気がするけれど、たとえば日常で少し嫌な事があってもツアーがあるから頑張ろうとか、はたまた何でもない時に思い出してほくそ笑んでみたり(←気持ち悪い)、ささやかな日々のささやかな元気のもと、あってもなくてもいいけどやっぱりあった方がいいもの、そういうのが丁度いい。

緩やかな下降線〜噛み合ない歯車と感情任せに業を背負う記事が続いてしまった。人間だからそれぞれの中に正義があり、矛盾に思ったり納得出来なかったり羨んだり憎んだり、そういう気持ちが生まれる事がある。そこにはきちんと原因があり理由がある。僕的にはマイナス感情を呼ぶ様なやり方はやはり“長い目で見た時”に違うような気がしてしまう。もちろん知って学ぶ事が大切だと言う事があり、良くも悪くも慣れていかなければいけない事があり、それでも面倒くさい事がある。しかし今の状態はそれがない、ファンもアーティストも余計なものに振り回されずに進める状態であり待てる状態。

シンプルに応援が出来る状態は心地いい。

会場でビギイベDVDが買えてしまうのはやはり売れ行きがよくないからですか?とか、外に向けるプロモしてないのにお友達キャンペーンって?とか、グッズにメンズものがないのって2人がグッズに一切関わっていないからですか?とか、色鉛筆800円はさすがにハシャギ過ぎじゃないですか?とか、でも色鉛筆全11色とか変ですよね?普通12色ですよね?てゆーことはやっぱり???とか、チケット詐欺問題なんとかして下さいよ?とか、牧場しぼりのクリアファイルぐらい全員プレゼントしろよ?とか、次の新曲ではSの起用は勘弁して下さいね?とか、様々にダークネスカリバーの振りかざしどころはあるものの、あれこれすっ飛ばして今は何よりもコンサートを楽しみにしたい!

あえなく追加公演のチケット入手に失敗してしまったので、今回のツアーはやはり横浜アリーナの1回しか参加はできないけれど、夏の神様が微笑む事に密かに期待しつつ、さて今回のツアーはどんなステージを見せてくれるのだろう?これが東方神起だ!という姿を絶対に見せて欲しい…というか見せてもらわなくては困る。

あとはやはりバームクーヘンを買うかどうか、そしてファンシー過ぎる超絶パステルTシャツを何色にするかと言う事か… ←何だそれ

冷たいと温かいを繰り返してロンドのように様々な思いが目まぐるしくまわり続けた数ヶ月、シンプルな思いだけは変わらなかった。そして指折り数えてあと数日でツアー初日、みんなのユノ、みんなのチャンミン、みんなの東方神起でありますように。新しいページをめくる時、事故なく怪我なく病気なく、それぞれがそれぞれに良いツアーになりますように。

    • >