読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「音楽の秋、2016」

東方神起 宇多田ヒカル THE YELLOW MONKEY Suchmos EXO-CBX
超個人的意見です。さらりと流してください。最近聞いてる音楽について綴っています。
 
ユノが帰ってくるまで200日を切り、チャンミンが帰ってくるまで300日を切り、そして秋が来た。もうすぐという思いと、まだまだという思い、今は少しだけもうすぐという思いが勝ちはじめた。Time Works Wondersが似合う季節、時が答えを教えてくれる。
 
サポーターをしていた手は完治しましたか?目指すモンスターにはなれそうですか?せわしなく流れ続けるSNSの情報の中、変わらぬ太陽がそこにいて、僕の思いは少しだけ形を変えながら太陽のような人と月のような人を待っている。
 
さて…Two of Us買ってないんですよね…。 好きなアーティストのCDは欲しいタイプの人間なんだけど、今回のCDはどうも触手が伸びなくて、ちょっとSジローの曲多すぎない?って超個人的な楽曲問題がありまして、どうアレンジ変えようとSジローの曲はSジローの曲じゃん?って話で…すみません今回はパスさせていただきます。
 
でもね、全曲聞かせていただきました。この前生まれて初めてとある野暮用でネットカフェなるところに行きまして、なんと音楽聴き放題!ということで迷わずTwo of Usをチョイス、まさに生活に溶け込むラウンジ系、3時間ほどTwo of Usを聴きながら作業をしたけど心なしか捗ったような…思いのほかBelieve in youがよかったなーとリミックスの方が好きかなーと、いやでもだからってSジローを受け入れたわけじゃない!変な歌詞だし!(意固地)あとChandelierをレゲエにするってどーよ?ってちょっとお思った。あれは超個人的にはナシかなと…。
 
ナシと言えばジャケットは壮絶にナシかな…絵って…あんなヘボいジャケット今まで見たことないしファンを試してるとしか思えない、このジャケでも買う?という試練ですか?って話かなと。avexはファンを募って座談会やった方がいいと思う、商品クオリティがファンが求めるものとズレすぎてるから二人が帰ってくる前にきちんと認識すり合わせておいた方がいい、もちろん楽曲も。ファンが求めたのはSTAYではなくHELiOPHiLiA!だったという事実を刻んでおかないと同じ失敗また繰り返すよ?avex
 
って、お前Two of Us買ってないじゃん?って話ですよね…はい。Sジローが嫌いという大問題もあるけど、ちょっと他にも色々と聞きたい音楽があったので手が回らないというか耳が回らない状況もありまして、今回はTwo of Usを蹴ってまで聞いてるここ最近気に入ってる音楽について綴りたいと思います。
 

宇多田ヒカル/Fantôme

はい、今さら感ありますが、約8年ぶりにリリースされた宇多田ヒカルのオリジナルアルバムです。物凄い熱量のある濃厚なアルバムになっててたまげました。今年一番の激重アルバムだと信じて疑いません。彼女自身ももうこんなアルバムは二度と作れないと言ってるように何十年に一枚の奇跡のようなアルバムです。彼女の作品の中で僕は一番好きなアルバムです。

 

人間活動宣言をしていた休止期間、人として充実した日々を送っていたに違いないであろう事と共に、彼女にとっては一大事が多くあり、最愛の母との別れだったり結婚だったり出産だったり、そして外から見た日本の震災だったり、数々の出来事が全て音楽に昇華されて色濃く反映されているFantôme、特に亡き母である藤圭子さんへの思いがキーとなっている道や花束を君に、真夏の通り雨は強く言葉が刺さる楽曲になっている。震災への鎮魂歌である桜流しも同じベクトルを持ち、情が広く深い。何度聞いても聞くたびにフレーズの中に新しい意味が生まれ、聞く人が聞く人分の意味を持つ、天才としか言いようがない。

 
それにしてもこれまでの彼女のファンからすると楽曲印象の変化に戸惑うんじゃないかと心配になるほどに言葉が重い。これまでエンターティナーに徹してこちら側には手の内を見せなかった宇多田ヒカルが、Fantômeでは自身の内面を切々と語っている。歌声もさらに深みが増して彼女特有のビブラートも儚さだけではなく深みと情緒があり慈愛を感じる。進化した宇多田ヒカルがいる。うまく言えないけど年甲斐がある。母は強しということなのか。
 
椎名林檎とのコラボ曲二時間だけのバカンスも絶品。デビュー当時同じレコード会社所属&同期という事もあり、以前二人はカーペンターズの楽曲をカバーコラボしていて、林檎のカバーアルバムにも収録されていたりするけど、正直当時のコラボは取ってつけたような何ちゃってコラボだったのでそれほど良いものではなかった。だけど今回の楽曲は宇多田ヒカル椎名林檎とのコラボをイメージして作ったオリジナル楽曲、宇多田ヒカルお得意のメロウでR&Bな導入部分と椎名林檎色を覗かせる歌謡でキャッチーなサビが機能的にマッチ。天才と天才によるコラボレーションは弱い楽曲で飽和しまくってるJ−POP界隈にドロップキックをキメるが如く刺激的。他にもジェンダーを超えた片思いがテーマの楽曲やヒップホップ界のニューパイオニアKOHHとのコラボだったりと強者楽曲揃いのFantôme。騙されたと思ってとりあえず一回聞いてみオブザイヤーなので一人でも多くの人に届けたくなるアルバムです。
 
今までは流行りのアイコンというかアイテムとして聞いていた宇多田ヒカルだったけど、Fantômeでやっと宇多田ヒカルの本当の良さに気付けた気がする。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
宇多田ヒカルに続いてこちらも復活組。グラムロックと歌謡曲の融合で唯一無二の存在だったイエモンが活動休止→解散を経て、15年の沈黙を突如破りまさかまさかの大復活。弱った日本音楽界に風穴あけまくっている。その快進撃が見ていてとても痛快でとにかくカッコイイ!
 
いやもともとそれほどファンというわけじゃなったんですけどね…SMAP×SMAPでコラボしてたALRIGHTという曲がメチャクチャカッコよくて、復活シングル砂の塔のカップリングに収録されるということで迷わずフラゲ。生まれて初めてイエモンのCD買いました。初回盤には砂の塔とALRIGHTに加えてボーナストラックで復活ライブでの各会場から1曲ずつ全12曲ものライブ音源付き!ぶっちゃけベリーベストライブアルバムと言っても過言ではない大盤振る舞いぶり、なのにシングル価格の1296円!安過ぎですよ?イエモン兄さんたち!!
 
砂の塔もALRIGHTもこれぞイエモン!と言わんばかりの名曲!無理に言葉を詰め込まない歌詞とか逆に新鮮だなーと、今に媚びない音とか、でも決してダサくないのがさすがヒットメーカー、さらにスゴいのがボーナストラック12曲!
 
ロビンの生の歌声がとにかく本当に本当に本当に素晴らしいーーーー!!
 
御年50歳となったロビン。パワフルで色気と包容力のある歌声は以前よりもさらにたおやかに艶があり、体の深いところから鳴り響いていて耳が釘付けになる。当時も説得力はあったけど今のロビンが歌うバラ色の日々とかパールとか球根とか無条件で身に沁みて涙腺を刺激してくる。イエモン解散中もソロで活動を続けてボーカリストとしてのスキルもしれっと上げているところがカッコイイ!!年を重ねただけの意味のある深い歌声とそんなことをおくびにも出さないスマートな佇まいは、ある意味で悟りを開いた僧侶のように清々しい。活動休止→解散→復活の3周目でやっとイエモンのカッコよさがわかった気がする。宇多田ヒカルイエモンも今が最高。東方神起もそうであって欲しい…。
 
見た目もね、4人とも本当にカッコいいですよね、日本一スタイルのいいバンドTHE YELLOW MONKEY、体型維持って本当に大事。見た目大事。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Suchmos/STAY TUNE
 
某車のCMで耳にした曲にビビビビ!それがSuchmosのSTAY TUNE。最近知った曲だけど、実は今年の初め頃にリリースされたということでチェックが甘かった…。アシッドジャズテイストの楽曲がオシャレでカッコイイ!Jamiroquaiや初期のMONDO GROSSO、ICEが好きだった僕的にはたまらない感じです。日本のアシッドジャズ死んでなかった…涙。昨年リリースされたアルバムTHE BAYも素晴らしいハイクオリティアルバムなので心からオススメしたい。最近毎日聴いてます。Suchmos売れなかったら日本の音楽ダメでしょ?ってどこぞの評論家が言いそうな感じだけど、いや売れなきゃダメでしょ?
 
余談:超個人的に東方神起に取り入れて欲しい音楽スタイルがアシッドジャズなので、こういう楽曲にパフォーマンスつけてやったらハマるかもなーってギリギリしてます(苦笑)TVXQがファンクジャズやスウィングジャズを見事に昇華してサムシンやスリスリを生み出し二人はジャズと相性が良いことが明確なので、日本の東方神起はアシッドジャズを取り入れて攻めてこーよ!絶対カッコイイよ!!クールだよ!!avexさんよろしくーーーーーー!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

EXO-CBX/Hey Mama!
 
EXOのベッキョン、シウミン、チェンによる三人組ユニットEXO-CBXのデビュー曲。なんかすごいイイ感じですよね、この三人とこの曲。SHINeeのカムバ曲がちょっとサビ弱めだなーと思っていたら超絶キャッチーなのがこっちに回されてたかーという印象。ユノのシャンパンにも通じる(出だし似てるかも)ノリノリファンキーなダンスナンバー、超個人的に狼以来のEXO曲で好きな曲キター!って感じでお気に入りです。三人の見た目のバランスも良いし、声のバランスがスゴくいい、お互い無理に主張せずにだけど引き下がらないトリッキーなボーカルの駆け引き具合が絶妙。
 
歌良しダンス良しのEXO器用組によるトライアングルアタックはSMの今年一番の良ナンバー♪

 
…ということで音楽の秋、他にも安室奈美恵の新曲だったりガガのニューアルバムだったりと色々耳が大忙し、明日は鬼束ちひろのコンサートに行ってきまーす!