読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「安室奈美恵/孤高のピンヒール」

超個人的意見です。さらりと流して下さい。今回は安室奈美恵の記事です。

前回記事でのまさかの良席ターン、至近距離神起に願いは成就され思い残す事はないとばかりに充実してしまったわけだけど、実はこのターンにはまだ続きがありまして…

24日のビギイベで話をしたビギの方から突然のお誘いで安室奈美恵のライブに行ける事になりまして…それもビギイベの3日後の27日の国立代々木第一体育館…正直平日だしと一瞬迷ったけれど“かなり良い席”というフレーズに“いきまーす!!”と右手が勝手に上がり挙手してた。

たまにちらほらと安室奈美恵についてもこのブログでは綴っていたりするけれど、安室奈美恵のコンサートに行くのは久しぶりだった。久しぶり過ぎていつぶりか思い出せない程。

息も着かせずどんどんとその存在を絶対的なものにしている安室奈美恵以前は関東でも小さめのホールでコンサートを行っていたけれどここの所は大きめのホールやアリーナでの公演が目立っていた。これはもう僕の超個人的な我が儘な願いだけれど東方神起同様近くで安室奈美恵のパフォーマンスが見たい…むしろその願いは東方神起以上に強くあり、その思いをこじらせ過ぎて彼女のコンサートから遠ざかっていたのかもしれない。

そして今回のFEELツアー、各地の大小様々な場所を巡り関東でも横須賀の小さなホール公演があった。近くで安室奈美恵のパフォーマンスを見るチャンスだと横須賀公演を狙い手練手管したけれどあえなく惨敗、今回のツアー参加も諦めていた。

そんな経緯でのこのお誘い、音楽の神様が本当に微笑んでいるのでは?…そうとしか思えない展開、不器用でも時々人生はステキに転がる。

と言う事で一週間以上前になってしまったけれど行ってきました安室奈美恵のコンサート!席はスタンドJブロック前から5列目。東方神起のコンサートに慣れ過ぎてスタンドと言えばステージから遠いイメージがあるけれど、代々木の前方スタンドはステージからとても近くむしろアリーナよりも埋もれずかつステージも目前なのでより好条件。ビギイベでも良い席だったのに、安室奈美恵もこんなに良い席で見る事ができるなんて盆と正月過ぎて明日世界が終わるんじゃないかと疑うレベル。こんなに近くで安室奈美恵のパフォーマンスを見る事が出来るなんて…もう思い残す事はない(←いやはやまるな)ありがとうございますありがとうございますありがとうございますありがとうございます…

近くで見る生安室奈美恵のパフォーマンスの破壊力はとんでもなかった!

派手な演出は少なくMCも削ぎ落とした歌とダンスのシンプルな構成、あくまでもメインは安室奈美恵と言わんばかりのステージング、安室奈美恵の歌が聴きたい安室奈美恵ダンスが見たいと思ってファンはコンサートに行く、余計なものは何もいらない、当然と言えば当然なのかもしれない。唯一無二のパフォーマンス力、圧巻としか言いようがなく終始鳥肌が立ちっぱなしだった。時より見せるファニーな笑顔…ズル過ぎる。一瞬キツそうな場面も見えたけれど誤摩化しのきかないステージ、その精神力はプロ以上にプロ。そして何より楽曲が素晴らしかった。

今年の年間アルバム売上ランキングでも10位以内を記録したオリジナルアルバムFEEL。オリジナルアルバムと言う枠で選べば嵐に次いで2位の記録。余計な複数売りやグッズ売りをせずに純粋な音楽アルバムとしての売り方でのこの記録は賞賛に値する。売上自体は前作アルバムを下回ってしまったけれど、音源ダウンロードも好調だったようだし完成度の高さでは前作より密度が高いと信じて疑わない。

優れたアルバムFEELを核としたコンサート構成は瞬きも許さない攻めによる攻め、どの曲もキラーチューン、選び抜かれた優れた楽曲が彼女のパフォーマンスによってより精度を上げて魅力を増す。なんてカッコいいんだろうと何度も息を飲んだ。MC無しとは言え28曲もの大ボリュームのはずなのに瞬く間もなくアッと言う間に過ぎていく印象。それほどにパッケージとして完成度の高いツアー内容だった。

追加で投入された新曲のballerinaNeonlight LipstickのパフォーマンスはFEELに溶け込みながらもキラリと異彩を放ちまたまたスゴい曲をぶち込んで来たとファンを喜ばせたに違いないし、僕も本当に興奮した。

ballerina、Neonlight Lipstickの持つ突き抜けたカッコ良さは安室奈美恵だからこそハマる楽曲で、ballerinaのライティングの美しさ、それ程大掛かりな事をしているわけではないのに洗練された技術を感じさせ、まるでハイブランドのショウウィンドウやジュエリーボックスの様なシックで美しいライト演出は日本随一なんじゃないかと思う程魅力的だった。Neonlight Lipstickはパフォーマンスの破壊力、しなやかさと力強さを融合させて昇華するピンヒールの歌姫、安室奈美恵の良さが全て詰め込めれたようなパフォーマスは出来ればテレビでも披露して欲しい(絶対無理)。楽曲も素晴らしいのでひとりでも多くの人に聴いてもらいたい。

ひとつ残念だったのが二曲のバラード。深みを増した彼女の“伝える歌声”が堪能出来る2曲のバラードだけは生音で聴きたかった。バンドを従えないツアーなので仕方ないと言えば仕方ないけれど、せめてバラードだけは生ピアノ&ストリングスを背負う演出にして、彼女の歌声をよりあざやかに演出して欲しかった。まぁーそんな事言い出したら切りがないかな…

バラードの時もそうだけど、ダンサーも従えず時より安室奈美恵だけが一人ステージに立つ場面が何度かあった。誰にも何にも頼らずにトレードマークの高いピンヒールのニーハイロングブーツでパフォーマンスを行うその姿は孤高の品格や気高さを放ち、誰も辿り着けない場所をひとりで進み続ける安室奈美恵という存在に何故か胸が熱くなった。←ちなみに高いピンヒールで長時間歌ってパフォーマンスできるのは世界広しといえども安室奈美恵に勝るものはいないと超個人的には思っている。

昨日の公演で公演数500回というとんでもない記録を樹立したとかしないとか。心より祝福申し上げます。様々な紆余曲折があり辿り着いた記録、でも彼女にとってはそれは通過点でしかないと言う事、これから更なる高みを目指す事が出来る稀有な存在、更に純度を上げる安室奈美恵の世界に期待出来ると言う事、ファンにとってこれ以上嬉しい事はない。

ブレる事のない音楽とダンス、カッコ良さと美しさ、そして可愛さを併せ持つ孤高のピンヒール歌姫、安室奈美恵は素晴らしい!

アンコール曲で空からハートがふわりと降って来る演出があり、綺麗だなーと眺めていたら胸にコトンと当る感覚…何かと思ったらまさかのハートが僕のところに飛んできた。ステージが近いとはいえスタンド席だったので飛んで来ないだろうと思っていたので思わず“やったー!!”と叫んでしまった…。

最後の最後にまた神様が微笑んだ瞬間。素晴らし過ぎる神ターン、本当にありがとうございました。

$東方神起★東方の神が起きる呪文はHOMIN★TVXQ!-ハート

    • >